Q&A

Q&A

離婚原因

相手の同意がなくても離婚できる場合って,どういう場合?
相手方が離婚に応じなくても,「婚姻を継続しがたい重大な事由」があると裁判所が認定すれば離婚できます。①不貞行為②悪意の遺棄③3年以上の生死不明④強度の精神病等は、「婚姻を継続しがたい重大な事由」の一例です。
裁判所は,どうやって破綻したか否かを認定するのですか?
主に別居期間、子供の有無,相手の資力等を中心に、諸事情を総合的に判断します。

性格の不一致による離婚

性格の不一致を理由として裁判で離婚が可能ですか?
性格の不一致でも離婚は可能ですが、子供がいるとか、相手方の生活力が不足しているとか、あまりにも身勝手な理由の場合は、裁判でも離婚はみとめられません。

有責配偶者からの離婚請求

有責配偶者とは?
婚姻関係破綻の原因を作った配偶者を有責配偶者といいます。不貞行為やDVが典型ですが,それに限らず,相手方配偶者の人格を著しく無視する配偶者,家庭を捨てて顧みない配偶者なども,有責配偶者です。
有責配偶者からの離婚請求は認められますか?
最高裁3要件に該当しないかぎり,「離婚を認めることが相当でない」として信義則に反し,離婚が認められないのが原則です。
最高裁3要件とは
① 保護を要する子供―未成熟子がいない。
② 離婚しても配偶者を経済的に極端に破綻させない。
③ 相当長期の別居期間がある。
場合で、この場合は,有責配偶者でも離婚請求が認められるとしています。
最高裁3要件に該当しなくても,離婚が認められることがありますか?
離婚請求が信義則に反しなければ認められます。
最高裁が例示した3要件は,有責配偶者からの離婚請求が信義則に反しない一つの例であり,それ以外でも,信義則に反しない離婚請求なら認められます。
例えば,相手方が人格障害や性格異常であり,相手にも,かなりの原因が認められる場合です。

境界性人格障害

境界性人格障害とは何ですか?
普段は温厚なのに,些細なことで激昂する人たちです。
その特徴は,非常に感情的で弱さを見せる半面,多少でも,意にそぐわない発言・行動に対しては,異常な反発を見せます。
配偶者が境界性人格障害者の場合は,離婚できますか?
原則として離婚できます。
境界性人格障害者は,「障害」であって,「病」ではありません。したがって治癒は困難で,困難である以上は,婚姻を継続しがたい重大な事由があることになります。
相手方が境界性人格障害の場合、離婚のハードルはぐっと低くなり,不貞していても,離婚が認容されるケースは,珍しくありませんし、父親でも,親権を獲得できることが珍しくありません。この点が,他の精神的障害と著しく異なる点です。
家裁は,どうやって人格障害者かどうかを認定するのですか?
調停委員会や調査官に対する言動で判断します。医学的観点から判断するのではありません。

離婚請求されたが、なんとか復縁したい

互いが弁護士を立てて話しをしていながら復縁することはあるのでしょうか?
極めて例外的ですが,あります。離婚請求された配偶者が,なぜ離婚請求されたのか完全に認識し,かつ,その認識に基づき自分を適応させた場合は,復縁できる場合もあります。
子供のために離婚しないことは,本当に子供のためになるのでしょうか?
夫婦喧嘩が絶えないときは離婚した方が「子供のため」になります。
夫婦喧嘩が絶えない,あるいは家庭内別居状態が続くなら,離婚した方が子供のためになる場合が多いです。
子供の目の前で行われる夫婦喧嘩,互いを無視しあう家庭内別居は,子供に極めて耐え難いストレスを与えます。
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • 取扱分野一覧
  • Q&A
  • アクセス
  • お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちらからTEL03-3553-5916

Copyright:(C) 2013 森法律事務所. All Rights Reserved.